Blogブログ

2017/10/17 EVENT

〜Rivers.イベントレポート〜山口県初開催!ラーメン博の舞台裏

イメージ

みなさま、はじめまして。
リバースイベント班のgaoと申します。

yoyoyoさんとともに、イベントの事前準備から当日運営等をおこなっております。入社から2年目のまだまだ新人の身ですが、ブログにて携わったイベントのレポートをしていければと思います。よろしくお願いします。

yab全国ラーメン博inくだまつ

まず最初のレポートは、2017年3月17日〜3月21日の5日間にわたって、ザ・モール周南にて開催されたyab全国ラーメン博inくだまつについてです。全国屈指の有名ラーメン店10店舗が一堂に会したイベントで、会場では一緒に人気グルメも楽しめるということもあり期間中多くのお客様で賑わいました。リバースでは会場設営、会場サイン制作、当日運営などを担当させていただきました。

一晩で魔法のように

今回少し特別だったのは、会場の設営撤収作業です。ショッピングセンターの駐車場がメイン会場となったため、会場の設営開始が駐車場クローズ時間のPM11:00からとなり、朝までに作業完了という流れとなりました。また、撤収もイベント終了時刻から翌朝ショッピングセンターが開くまでという作業となりました。

「食品」を扱うイベント

今回のイベントの核は「ラーメン」。「食品」を扱うイベントということで「食べ終わった後のゴミ」「食べる空間の快適さ」が鍵となったように思います。

1食べ終わった後のゴミ

会場内3ヶ所にゴミステーションを設置し、お客様自身が分別する方法で回収しました。ゴミステーションには常にスタッフを配置し、たまったらすぐ袋を取り替えること、お客様の分別の手伝いと声かけをすること等を徹底しました。開催期間中はゴミが散乱する事なくきれいな会場を保てていたように思います。

2食べる空間の快適さ

会場に設置されたラーメンを食べる為の机と椅子のあるスペースを多くのスタッフで常に清潔な布巾で机を拭く作業を行いました。お昼時のお客様の回転が早く混雑する時間帯には、机に絞った布巾を置くなどをし、とにかくべたべたの机ではなく快適にラーメンを食べてもらえるようにしました。

行列どうつくる?

さすが全国屈指の人気店!各店舗前には列が常にできている状態でした。今回は、限られたスペース内で多くの人をいかにスムーズに動かすことができるかが課題でした。主催者の方々と相談しつつ、上の図のように赤いテープを縦長のジグザグに貼り、さらには曲がる箇所でスタッフがアナウンスを行いました。この方法だと列がきれいに並び、買うまで、買ってからの移動の流れがわかりやすく大変有効でした。お客様が快適にイベントを楽しんでいただけるように、人の流れを考えていくことは重要だと思いました。

まとめ

山口県初のラーメン博となった今回。期間中会場には多くのお客様が来場されました。おいしいラーメンを食べる!!ということが目的でも食べるまで、食べるとき、食べ終わってからという周りの状況もとても重要で、裏での工夫が大事であると感じました。