Blogブログ

2018/02/28 APP, WEB

「slack」の表示言語を日本語にしてみた

イメージ

こんにちは、Ohh!です。
弊社では、社内コミュニケーションツール「slack」を利用しています。
そのslackが昨年末くらいに日本語対応したとのニュースがありなんとなく知ってはいたのですが、ようやく重い腰を上げ日本語化してみることにしました。

英語から日本語に変換する方法

(1)トーク画面を開いて、自分の名前をクリック

(2)次に「Preferences」をクリックすると環境設定画面に切り替わる

(3)「Language & Region」をクリックし日本語を選択

(4)確認画面が出てくるので、「Change to 日本語」をクリック

(5)これで日本語になりました!
トーク画面のチャンネルやスレッド等、これまで英語表記だった箇所が日本語に変わってれば成功です。お疲れさまでした。

まとめ

slackは直感的に使えるツールなので、割りと早い時期に導入された方は英語版のまま使ってる方も多いと思います。
私自身も特に不便を感じていなかった為、英語版を使いつづけていた訳ですが、たまに肥大化したチャンネルを整理する時など、英語だと理解しづらい場面があったので、今回の日本語化に至りました。
これからslackがもっと使いやすくなりそうです。