Blogブログ

2017/07/07

これだけは覚えよう!Photoshopのショートカット(超入門編)

イメージ

こんにちは。デザイナーのOhh!です。
主にwebサイトのデザインを担当しています。もともとwebのデザインツールとしてFireworksを使っていたのですが、Fireworks開発終了後の現在はPhotoshopをメインツールとして使っています。
とはいえ、本格的にPhotoshopに移行したのはここ1年足らずといったところでしょうか。その為、まだまだPhotoshopを使いこなせておらず、目下勉強中です。

日々、覚えることはいっぱいある訳ですが、これだけは覚えておいて欲しい!よく使う基礎中の基礎のショートカットのみを今回は紹介します。(本当に超基礎の内容ですので、あしからず)

ショートカット紹介

※Mac用のショートカットです。Windowsの方は「command」を「Ctrl」に置き換えてください

移動ツール

V

文字ツール

T

文字ツールの入力解除

escまたはcommand+return

文字入力状態では、他のショートカットキーが使えないため一度入力解除する必要があります。(その際に使用するショートカット)

レイヤーの自動選択

commandを押しながら操作(クリック or ドラッグ)

一時的に自動選択を可能にできる(デフォルトで自動選択にチェックを入れてない人におすすめ)

「ブラシサイズ」と「硬さ」を変更

control+option+ドラッグ

左右方向に動かすと「サイズ変更」、上下で「硬さ」を変更

レイヤーの不透明度を調整

レイヤー選択して1〜9

「1」で不透明度10%、「2」で20%のようになる

クリッピングマスクを作成/解除

option+command+G

マスクしたいオブジェクト(レイヤー)を選択後に上記のショートカットキーを入力
再度入力するとマスク解除

まとめ

たかが、ショートカット。されど、ショートカット。
もちろん、一回のショートカットでは劇的に作業が速くなるものではありませんが、一日の大半を画面と向き合うデザイナーにとっては、“ちりも積もれば”という言葉が表すように、一日で換算すればその数秒の短縮が10分、15分の短縮に繋がることもあります。よく使うショートカットを覚えて、みなさんが少しでも早く帰れるようになったらいいなと思っています。